T-MAX

TOP | ABOUT US | CONTACT USPRIVACY POLICY | 特定商取引





ウインドスクリーン・メーターバイザー WSシリーズ トップ  −> 汎用ナックルガード WS-07N −> お客様の声・取り付けイメージ −> T-MAX


汎用ナックルガードWS-07Nを取付けた感想

車種はヤマハT-MAXU型2005年製。

T-MAXはバックミラーがカウルに付いているため、ブレーキのマスターシリンダーブラケットをミラー取り付け可能なものに交換しました。

ここから先は取り付けマニュアルどおりです。

 

なお、ハンドルを最大に切ったときにウィンドウシールドやメーターアッセイにあたらないようにするため、ナックルガードをハンドルレバーぎりぎりに取付ける必要があります。

この時、ナックルガードの金具のボルトナットの袋ナットがハンドルレバーに当たるため、ナットとボルトを逆にしました。

 

また、T-MAXの場合、延長プレートは短いものを両側に取り付ける方がスッキリと取付けられます。

 

ナックルガードを取付けて300km程度走行しましたが、ナックルガードを意識することはありませんでした。

 

大きさ、形状、材質の為か、外観上も特に目立つということもありません。よく見れば付いているなという程度でしょうか。

効果のほどは夏場でもあり良くわかりません。冬場の効果に期待します。

 

製品についての要望ですが、ナックルガードの材質をポリカーボネイトとし厚さも今の半分ぐらいで、金具はすべてアルミ製にすればもっと良くなると思います。