トリシティ用 ロングスクリーン

TOP | ABOUT US | CONTACT USPRIVACY POLICY | 特定商取引






ウインドスクリーン・メーターバイザー WSシリーズ トップ   −> WSシリーズ 商品ラインナップ −> トリシティ用 ロングスクリーン


ヤマハから発売された「第三の移動体 トリシティ」。

私も発売と同時に試乗しました。感想は「トリシティはバイクの運転が苦手な人でも乗りやすいだろうな」

というものでした。バイクは低速時が一番不安定な為、ユーターンが苦手だという方もいます。

 

しかし、トリシティは低速時も安定している為、ユーターンも気負うことなく出来ます。

ちょっとしたツーリングや町乗り、通勤にはピッタリです。

 

バイク用品店のスタッフと話をしていると、今までバイクに乗った事がない人が免許を取ってトリシティで来店しているというコメントもありました。

 

トリシティは私が通勤で使ってみたところ、気になる所が二点ありました。

一点目はステップが狭く、シート下の収納も少ない為、荷物の積載量が少ない点。

 

弊社では、トリシティ用のリアキャリアを開発し、リアボックスとセットで装着することで収納力の問題を解決しました。

 

もう一つの問題点は、トリシティの純正スクリーンは小さいので、風防効果が低いということです。

トリシティ純正のアクセサリーとして、メーターバイザーとハイスクリーンが用意されていますが、どちらも非常に高額ですし

メーターバイザーは小さすぎ。ハイスクリーンは大きすぎの印象を受けました。

 

そこで開発したのが、調度良い大きさのトリシティ用 ロングスクリーン ws-17tです。

 

トリシティ純正スクリーンが高さ350mmのところ、オプションのハイスクリーンは770mm。

しかし、ハイスクリーンのサイズはどうやっても、視界に入る為、スクリーンが汚れていたりすると対向車のヘッドライトの光が反射して見づらい事がありました。そこで塩ビの板【比較的加工が簡単な透明な板】を加工して試作を繰り返し、大きさを決定しました。

縦幅560mmのトリシティ用 ロングスクリーンws-17tは身長165cmの私が乗車した際にスクリーンから上に頭一つ出る為、視界の妨げになりません。

 

ライダーがバイクに乗車する際に、

上体を前傾しながら乗車する為、ヘルメットがスクリーンに

当たってしまう事があります。

これを防ぐ為に、スクリーン中央は凹形状にし、

逆に左右は最大限の風防効果を得る為に凸形状にしました。

頭一個分ぐらい、スクリーンから上に出ますので、スクリーンの色はクリアとスモークをご用意しました。
※視界の妨げにはならない為。

クリアタイプは透明度が高くスクリーンが目立ちません。

それに対して、スモークタイプはカウルをつけているようなイメージになる為、シャープなイメージを演出します。

11月から翌年1月頭までテストライドを重ねてきた私の率直な感想は、

 

1、真冬のライディングが楽になり

2、トリシティに乗るのがとても楽しくなる、です。

 

まず1、についてですが身体に当たる風が減り、着込む服の枚数を減らしても体感が変わらなくなりました。(気温2〜3℃)

真冬常に着ていた厚手のインナーから開放され、結果的に上半身のごわつきやウェアの重さが軽減しました。

2)に関しては、私の個人的な感覚になってしまうのですが、スクリーンが伸びたことでトリシティの抱擁感と安心感が増し、穏やかな気持ちになるのです。

高速は乗れませんが、後ろに荷物を載せ下道でどこまでも行きたくなります。正直初めはトリシティに物足りなさを感じていたのですが、スクリーンやナックルガード、リアキャリアを付けて今ではとてもお気に入りの車両になりました。


スタッフのBUNは実家が茨城の為、テストでトリシティにロングスクリーンを装着し帰省の際に使ってもらいました。

ロングスクリーンを装着したことで体に当たる風が軽減され、安心感が増したようです。

 

私も通勤で使いましたが、テスト期間が冬場だった事もあり、寒さが軽減されたのが一番のメリットに感じましたが、

夏場であれば、子虫が体や顔に当たるのを防ぎ、雨天時には腿やおなか部分に当たる雨が軽減されます。

 

体の中心部分に当たる風が軽減され、ある程度スピードを出していても純正スクリーン装着時よりも

体に当たる風が軽減される為、風による疲労がかなり軽減されます。

 

スクリーンを装着することによって、巻き込みの風切り音がヘルメットを通して聞こえてきますが、

これはトリシティ純正のスクリーンやメーターバイザーを装着している場合でも同じです。

少し前傾になれば、風切り音は軽減されます。

 

更にライダー側に少し寝る角度で装着される為、地面にタイヤを押し付ける力が働き安定感が増します。

通勤で私が使っている限りでは、ロングスクリーンをつけたことにより顕著に燃費が落ちたり、加速が鈍くなることはありませんでした。

素材は純正のポリカーボネイトではなく、透明度の高いアクリルを採用しました。

厚みを3mmにしましたので、ある程度の衝撃にも耐えることが可能です。

日常の足としての性能が求められるトリシティに防風性能が高いウインドスクリーンを装着することで、

より快適に、より安心して走行することが可能です。

あなたが快適にトリシティに乗れるように、スタッフと試乗を繰り返し、サイズを決定し、体感的に最も良い大きさにしました。

とにかく実走行での体感にこだわって製作したスクリーンです。

 

適合車種
トリシティ125
トリシティ155

 

 

■ご購入

トリシティ用 ロングスクリーン ws-17t クリア
品番:ws-17tc
6980円


 

■ご購入

トリシティ用 ロングスクリーン ws-17t スモーク
品番:ws-17ts
6980円